広島のスキー場 ホワイトバレー松原の情報を提供しているホームページです!!

広島のスキー場ならホワイトバレー松原

ご来場の皆様へ

安全報告書

平成29年度版(29年 9月更新)
ホワイトバレー松原スキー場
安全報告書

松原 第1・第2 ペアリフト
1.利用者の皆様へ
  当社の索道事業(リフト運行事業)に対して、日頃のご利用とご理解、誠にありがとうございます。
  当社は、経営理念の第一に安全の確保を揚げ、法令の遵守と共に安全輸送に努めております。
  本報告書は、鉄道事業法に基づき、輸送の安全確保のための取組みや安全の実態について、自ら振返ると共に広くご理解頂くために公表するものです。皆様からの声を輸送の安全に役立てたく、積極的なご意見を頂戴できれば幸いです。
松原観光株式会社 代表取締役 加川 征司
2.基本方針と安全目標
 (1)基本方針
  当社の経営理念の第一は、安全の確保です。「安全基本方針」を次のように掲げ、社長以下従業員に周知・徹底しております。
   ① 一致協力して輸送の安全の確保に努めること。
   ② 輸送の安全に関する法令及び関連する規定(本規定を含む。以下「法令等」という)をよく理解すると共にこれを遵守し、厳正、忠実に職務を遂行すること。
   ③ 常に輸送の安全に関する状況をするよう努めること。
   ④ 職務の実施に当たり、推測に頼らず確認の遂行に努め、疑義のある時は最も安全と思われる取扱いをすること。
   ⑤ 事故・災害等が発生したときは、人命救助を最優先に行動し、速やかに安全適切な処置をとること。
   ⑥ 情報は漏れなく迅速、正確に伝え、透明性を確保すること。
   ⑦ 常に問題意識を持ち、必要な変革に果敢に挑戦すること。
 (2)安全目標
  当社は平成26年度より5ヶ年計画の安全運行目標を、次表の通りの索道輸送安全目標として掲げております。
  安全目標に向かって社長以下全従業員の努力の結果、お客様のご協力も得ることができ、今年度も人身事故も無くシーズンを終了いたしました。
   ① 人身障害事故の発生を0件とする。
   ② 設備の不具合の早期発見と早期修理。
   ③ 常に問題意識を持つ。
 (3)事故等の発生状況とその再発防止処置
   ①索道運転事故(索道人身障害事故)
    平成28年度、索道運転事故はありません。
   ②災害(地震や暴風雨、豪雨など)
    平成28年度、災害はありません。
   ③インシデント(事故の兆候)
    平成28年度、国土交通省へのインシデントはありません。
   ④行政指導等
    平成28年度、行政指導はありませんでした。
 (4)輸送安全確保のための取組み
   ①人材教育
    当社では、お客様の安全輸送確保のため、シーズン営業開始前に索道施設及びその取扱いについての安全教育を実施しています。また、今年度も近隣のスキー場が集合し安全研修会を実施し実行しました。
   ②緊急時対応訓練
    毎年、シーズン営業開始前に、職員一同で救助訓練を実施しています。
   ③安全のための投資と支出
    安全の維持・向上のため、平成27年度シーズン終了後、索道施設の検査を実施いたしました。
 (5)当社の安全管理体制

   安全管理体制

 (6)利用者の皆様の連携とお願い
  松原観光株式会社はご利用頂くお客様に安全で快適な滑走を楽しんで頂けるよう、皆様の立場に立ったサービスの向上に努めています。
  今後も皆様からお寄せ頂いた声を真摯に受け止め、より安全で信頼される索道輸送に努めてまいります。
 (7)ご連絡先
  安全報告書へのご感想、当社の安全への取組みに関するご意見・ご感想をお寄せ下さい。
〒731-3834           
広島県山県郡安芸太田町松原135-1
松原観光株式会社  
(ホワイトバレー松原スキー場)
安全統括管理者   
TEL0826-29-0021 FAX0826-29-0022